ホーム > フィリップ・シーア

フィリップ・シーア Sear, Phillip

5729
  • プロフィール (676文字)

  • フィリップ・シーアはミッド・サセックスの学校でピアノとオルガンを学び、ギルバート&サリバン校の練習ピアニストとして初期の経験を積んだ。ロンドンのロイヤル・ホロウェイ大学では数学と音楽を学び、1976年に一等賞で卒業。その後数年は「シティ・オブ・ロンドン」において会計士資格を得るため、音楽活動から離れた。シティでの職を続けながら、1980年代には次第にピアノ演奏へと復帰。劇場やオペレッタの伴奏者からはじめて、サセックス州にある複数のオペラ団体の練習ピアニストとなった。モーリー大学のピアノ上級課程でマルティーノ・ティリモ氏に数年間師事するとともに、多くの忘れられた作曲家の独奏作品を広める活動を行った。ロンドンおよびサウスイーストにおいて、歌手や他楽器奏者とともに演奏活動を行っている。主に2009年秋から就任したバージェス・ヒル合唱団の伴奏者、2013年からのミッド・サセックス合唱団の伴奏者、数年にわたってクローリー音楽センターにおける児童合唱団のためにも演奏するなど、教育分野での活動多数。その他の活動はウェブサイトの「イベント」ページを参照のこと。
    その他の仕事としては、GCSE(全国統一試験制度)のための演奏録音、ミッド・サセックスやスプリングボードの音楽祭における伴奏も行っている。ピアノとならんで教会オルガニストとしても活動。ヘイワーズ・ヒースのメソジスト派教会等で代理オルガニストを務めている。2007年より動画配信サイトの”YouTube”に数多くのピアノ演奏をアップロードし続けており、公開中の楽曲は1200に達している。
    <続きを表示する>

    演奏音源一覧(999)

    ピティナ・チャンネル以外の動画 (999)