ブルグミュラー :25の練習曲 つばめ Op.100-24

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains L'hirondelle Op.100-24

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:基礎4 基礎5 応用1 応用2

楽譜情報:20件
  • クリックして画像を開く
  • tab
23999 1

解説 (3)

解説 : 佐藤 卓史 (501文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 空高く飛んでは地表近くまで戻ってくるツバメを、手の交差を伴う幅広いアルペジオで描いています。25曲の中では飛び抜けて技術的に難しく、スキップされることも多いようですが、ここで紹介する練習方法でぜひチャレンジしてみてください。♩= 138 は、作曲者が「non troppo」という通り、それほど速いテンポではなく、右手を弾き飛ばさない程度の速さという意味が込められています。全体を一つのアルペジオではなく、バス・伴奏・ソプラノの3声部に分けて考え、それぞれの音色の種類も変えてみましょう。

演奏のポイント(原典 ♩=138)

 まず、右手を和音にして、左手の跳躍と2声(バス・ソプラノ)の弾き分けだけに集中してみましょう(譜例1)。バスは8分音符ですが、ソプラノは16分音符です。ソプラノはほとんど弱拍上にあり、跳躍した勢いのまま落とすのではなく、鍵盤のそばで準備してから弾く必要があります。7,8小節などのレガートにも注意しましょう。次に、アルペジオの上行と下行を分けて練習します。(譜例2)バスからジャンプする距離をしっかりとつかみましょう。

(東音版「ブルグミュラー25の練習曲」(NS70)より)

執筆者: 佐藤 卓史

楽曲分析図 : 飯田 有抄 (12文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (573文字)

更新日:2019年5月23日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

つばめ

楽譜続きをみる

楽譜一覧 (20)