ホーム > ピアノ曲事典 > ケックラン(ケクラン)

ケックラン(ケクラン) 1867-1950 Koechlin, Charles

88
  • 解説:安川 智子 (662文字)

  • 更新日:2006年9月1日
  • アルザスの家系のもと、パリに生まれる。理工科学校で学んだ後、1890年に、まずは聴講生としてパリ音楽院に入学、その後マスネ、フォーレに作曲を、ジェダルジュにフーガと対位法を学んだ。管弦楽技法に優れ、フォーレやドビュッシーの管弦楽作品(フォーレ《ペレアスとメリザンド》、ドビュッシー《カンマ》)をはじめとして、数々の作品のオーケストレーションを担当している。鋭い批判精神と頭の良さから議論を好み、1910年には、ラヴェルフローラン・シュミットらとともに、保守的な国民音楽協会 (1871年に設立されたフランスの作曲家・演奏家団体)を抜けてSMI(独立音楽協会)を立ち上げた。後年は共産党にも傾倒し、人民のための音楽も多数作曲している。そうしたことも影響してか、作品番号のついた作品だけでも226曲を残しているものの、いまだにその多くは未出版のままである。

    作品は、旋法を駆使した作風により、民謡にそのまま和音をつけたような素朴なものから、前衛の響きをもつものまで、幅広い。

    新しい音色を生み出すことに積極的であり、管楽器を中心にさまざまな楽器の組み合わせを試みた。オンド・マルトノを管弦楽作品にいち早く取り入れたのもケックランである(1929年《日光讃歌》作品110)。ピアノ作品も、音色豊かで、親しみやすい中にも高い作曲技巧を窺わせる佳作が多い。ケックランは優れた作曲家であると同時に、重要な『管弦楽法 』(1954-59)や『和声法 』(1927-1930)などを残した偉大な理論家であり、教育者であり、また批評家であった。

    執筆者: 安川 智子
    <続きを表示する>

    作品(17)

    ピアノ独奏曲 (6)

    ソナチネ (2)

    5つのソナチネ Op.59 5つのソナチネ

    作曲年:1915  総演奏時間:41分00秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    4つの新ソナチネ Op.87 4つの新ソナチネ

    作曲年:1923  総演奏時間:25分30秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (5)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ペルシアの時 Op.65 ペルシアの時

    作曲年:1916  総演奏時間:56分40秒 

    動画(0)

    楽譜(0)

    田舎の古い家 Op.124 田舎の古い家

    作曲年:1932  総演奏時間:29分30秒 

    動画(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    練習曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    子供のための作品 (1)

    解説(0)

    楽譜(0)

    前奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (6)

    エスキス Op.41 エスキス

    作曲年:1905  総演奏時間:19分40秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    陸景と海景 Op.63 陸景と海景

    作曲年:1915  総演奏時間:28分30秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    パストラール Op.77 パストラール

    作曲年:1920  総演奏時間:12分40秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    組曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)