ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 羊飼いの家路 Op.109-3

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) Le Retour de Pâtre Op.109-3

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分40秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34156 1

解説 (2)

解説 : 佐藤 卓史 (458文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 前の曲と同じ3拍子の舞曲ですが、ずいぶん印象が違いますね。『真珠』の洗練されたワルツに比べると、こちらはもっと田舎っぽいレントラー風* の踊りです。ハ長調の中間部も含めて、「25の練習曲」の『スティリエンヌ』に似ています。きっとこの羊飼いは、アルプスの麓のあたりに住んでいるに違いありません。

 *レントラー:南ドイツやオーストリアの山岳地帯に起源を持つ民俗舞踊。

                       ゆるやかな4分の3拍子で、2人1組で回りながら踊る。

演奏のポイント(原典 ♩=144)

 鳥の鳴き声のような小音符の装飾音が鄙びた雰囲気を醸し出していますが、問題は動きにくい3と4の指で弾かなければならないことです。3の指の敏捷な上げ下ろしに神経を使いましょう。装飾音がメロディーのラインを崩さないように。左手の2拍目から3拍目にかかっているスラーにも注目しましょう。ロ短調の13小節からは両手ともスタッカートになり、キャラクターががらりと変わります。

(東音版「ブルグミュラー18の練習曲」(NS61)より)

執筆者: 佐藤 卓史

演奏のヒント : 大井 和郎 (994文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

家路につく牧人