ホーム > シュッテ

シュッテ 1848-1909 Schytte, Ludvig

663
  • 解説:上田 泰史  (220文字)

  • 更新日:2011年5月13日
  • デンマークのピアニスト、作曲家。22歳までいかなる音楽教育も受けなかったが、その後ピアニスト、音楽教師として長足の進歩を遂げ、まもなく国外で成功を収める。ゲーゼをはじめとし、ベルリンのタウベルトに学び、また1884年にはワイマールでリストに師事した。87年からウィーンでホラーク・ピアノ学校など幾つかの音楽学校で教え、1907年にはシュテルン音楽院の教師としてベルリンに赴任した。シュッテは数多くのピアノ教則本によって今日でも知られている。

    執筆者: 上田 泰史 
    <続きを表示する>

    作品(17)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (7)

    ソナタ (1)

    即興曲 (2)

    即興曲 即興曲 ト長調

    調:ト長調  総演奏時間:2分00秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    即興曲 即興曲

    総演奏時間:1分30秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    ノクターン (1)

    夜想曲 夜想曲

    総演奏時間:2分40秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (4)

    解説(0)

    楽譜(0)

    再会 再会

    総演奏時間:1分30秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)