ブルグミュラー :25の練習曲 優美 Op.100-8

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains La gracieuse Op.100-8

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:基礎4 基礎5 応用1 応用2

楽譜情報:20件
  • クリックして画像を開く
  • tab
20809 1

解説 (3)

解説 : 佐藤 卓史 (506文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 古典派作品にしばしば登場する、装飾音の「ターン」を優雅に捌く練習です。5小節では曲集で初めて II 度の借用ドミナントが現れます。切ない響きをよく味わって弾きましょう。8小節の最後の右手のppは、当時の多くのピアノの最高音でした。普段はあまり使わない右端の鍵盤を、きっと当時のこどもたちは得意げに弾いたことでしょう。このとき、右手だけに気を取られて左手の跳躍を外さないように。9小節からは男声と女声のデュエットをイメージすると素敵に弾けます。

演奏のポイント(原典 ♩=100) 

 まずはターンの32分音符を取り外して、4分音符のメロディーとして弾いてみましょう。その構造を崩さないように、静かにターンを入れていきます。オモテ拍の8分音符で動きが止まらないように、常に次に向かって進んでいくイメージで弾きましょう。5,6小節の下行形、特に2拍目ウラの「B-A-Gis-A」の音型は難所です。3指をしっかり打鍵するようにしましょう。右手は3拍目のウラに8分休符があるので手を鍵盤から上げたいのですが、左手の伴奏型に気を取られてうまくいかないケースがあります。

(東音版「ブルグミュラー25の練習曲」(NS70)より)

執筆者: 佐藤 卓史

楽曲分析図 : 飯田 有抄 (12文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (852文字)

更新日:2019年1月31日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

優美

楽譜続きをみる

楽譜一覧 (20)

その他特記事項
表記ゆれの例: きれいなやさしさ 優しく美しく うつくしく