ホーム > ダカン

ダカン 1694-1772 Daquin, Louis-Claude

166
  • 解説:齊藤 紀子 (390文字)

  • 更新日:2008年12月1日
  • ユダヤ系の知識階級の家庭に生まれたフランスの作曲家。サント-シャペルの楽長、ニコラ・ベルニエに作曲を学んだ。作品は、クラヴサンのためのものが多いが、ヴァイオリンやフルート、オーボエで演奏することもできる。

    ダカンは、オルガニスト、クラヴサン奏者としても活動した。6歳のときに御前演奏をしたとされている。また、その2年後には自作品、弦楽合奏付き大合唱用の《祝福されたる人》を教会で指揮した。12歳で、プティ・サンタントワーヌ教会のオルガニストに就任している。その後、サン-ポール教会、コルドリエを経て、国王付きのオルガニストも務めた。

    ダカンには伝記が残っておりその音楽や人柄が讃えられているが、これは息子による著作で、父を過度に賞賛した記述も散見されるため、資料として扱うには注意が必要。とはいえ当時の音楽の風潮に背くことも、教会に集う人を失望させることもない、優秀な音楽家であった。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>