ホーム > ピアノ曲事典 > レシュホルン

レシュホルン 1819-1905 Loeschhorn, Carl Albert

  • 解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (322文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • ドイツのピアニスト、作曲家。

    1837年よりルートヴィヒ・ベルガーに師事し、後にベルリンの王立教会音楽学校でA. E. グレル、A. W. バッハらに学ぶ。51年に同校のピアノ教師となり、58年には教授に就任した。

    すぐれた室内楽奏者であると同時に、ピアノのためのサロン用小品、練習曲、ソナタや、室内楽曲の作曲家としても広く知られている。また、《ピアノ文献の手引 Wegmeister in der Pianoforte-Literatur》(J. ヴァイスと共著、ベルリン 1862, 2/1877)や、《ピアノ文献便覧 Führer durch die Klavier-Literatur》(ベルリン 1886, 2/1895)なども出版した。

    <続きを表示する>

    作品(8)

    ピアノ合奏曲 (2)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)