ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 ないしょ話 Op.109-1

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) Confidence Op.109-1

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分40秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34154 1

解説 (2)

解説 : 佐藤 卓史 (503文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 3巻の練習曲集とも、冒頭の1曲はハ長調で書か れています。「25の練習曲」の第1曲『すなおな心』の爽やかさと比べると、この曲はもっと内向的で繊細です。「ないしょ話」を打ち明けるときの心の揺れが、和声と強弱で表現されています。技術的には「25の練習曲」の『清らかな流れ』の系譜にある、1音を保持したままアルペジオを奏するテクニックの練習ですが、今回は1指ではなく5指(または4指)の保持が求められています。

演奏のポイント(原典 ♩=132

 細くて弱い5の指と、その隣の4の指が担当するメロディーがレガートで歌えるように、そして内声の 1・2 指はそれを邪魔しないように鍵盤のそばから静かに弾きます。こんな練習が役に立ちます。

 和声的に重要なポイントには作曲者がアクセントやsfを書き込んでくれていますから、それを参考に表情豊かに演奏しましょう。9小節からの中間部はハ短調に転調し、同じモティーフが2度ずつ(9,10小節に対して11,12小節、13小節に対して14小節)繰り返されます。2度目は1度目とどのように変えて弾くといいか、考えてみましょう。

(東音版「ブルグミュラー18の練習曲」(NS61)より)

執筆者: 佐藤 卓史

演奏のヒント : 大井 和郎 (952文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

内緒話