ホーム > ピアノ曲事典 > ブルグミュラー

ブルグミュラー 1806-1874 Burgmüller, Johann Friedrich Franz

290
  • 解説:飯田 有抄 (326文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

    参考:連載『みんなのブルグミュラー』

    執筆者: 飯田 有抄
    <続きを表示する>

    作品(109)

    ピアノ独奏曲 (19)

    ロンド (12)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (10)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    幻想曲 (12)

    変奏曲 (13)

    ポロネーズ (1)

    ワルツ (14)

    その他の舞曲 (7)

    性格小品 (6)

    ★ 種々の作品 ★ (9)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    その他 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)