ホーム > ピアノ曲事典 > カーペンター

カーペンター 1876-1951 Carpenter, John Alden

44
  • 解説:齊藤 紀子 (278文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • アメリカ合衆国の作曲家。ハーヴァード大学でJ.K.ペインに音楽学を学んだ。作曲活動を本格的に始めたのは1910年代と比較的遅い。それまでは、ビジネスの世界に身をおいていた。1897年の大学卒業後は、エルガーらに作曲を師事している。印象主義を独自に変形させ、20世紀のアメリカを客観的に表出したような作風が特徴的である。オーケストラのための組曲《乳母車の冒険》(1915)やバレーのための作品《クレージー・キャッツ》(1921)、《摩天楼》(1926)が代表作となっている。

    ピアノを編成に含む作品としては、独奏ピアノのための曲の他に、ピアノ五重奏も作曲した。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(3)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    解説(0)

    楽譜(0)