ホーム > ピアノ曲事典について

ピティナ・ピアノ曲事典について

ピティナ・ピアノ曲事典とは

ピティナ・ピアノ曲事典には2020年現在約90,000ページと、10,000点以上の動画リンクがあります。

作曲家や演奏家など音楽に関わる「人」、その人々が生み出した「曲」。そして「人」と「曲」との関わりの なかで生み出される音源や楽譜、コンサート情報などの「コンテンツ」。この三つの軸を中心に、音楽にまつわる 多くの情報を集め結びつける音楽データベースです。

Person
Music
Content

資料

ピティナ・ピアノ曲事典の内容を補足する資料を調査・研究コーナーの中に設置します。基本的に、ピアノ指導者・愛好家の方々にとって実用的と思われるものを取り扱います。(準備中)

編集方針

取り扱う作曲家、および作品について
ピティナ・ピアノ曲事典で取り扱う作品は、出版社など公的な第三者の手によって出版された記録、 公的な場での演奏記録、あるいは日本音楽著作権協会のデータベースに登録のある作品に限ることとし、 最終的には、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(以下、当協会)が掲載するかどうかを判断します。 作曲家についても、同様の判断をします。また、そのような判断に基づき、予告なく既存のページを 編集することがありますので、ご了承ください。

作品の楽器編成について
登録する曲の楽器編成は原則として下記のとおりです。

・ピアノソロ
・ピアノ複数台
・ピアノを含む室内楽作品
・ピアノ協奏曲
・ピアノ普及以前の鍵盤楽曲