ホーム > グリンカ > 夜想曲「別れ」 ヘ短調

グリンカ :夜想曲「別れ」 G. vi, 204 ヘ短調

Glinka, Mikhail Ivanovich:Nocturne "La séparation" f-moll G. vi, 204

作品概要

作曲年:1839年 
出版年:1839年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ノクターン
総演奏時間:4分20秒

解説 (1)

総説 : 齊藤 紀子 (397文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

ロシア人として国際的な評価を得るに至った最初の作曲家と考えられている。また、当時の多くのロシア人作曲家と同様に、貴族の身分で、言わばディレッタントとして音楽に携わるようになった。そして、幾度かイタリアやベルリンにも足を運び、そこで触れた和声法にロシアの音楽の要素を折衷させる方法を模索した。その試行錯誤は、後のロシアの音楽が、グリンカを模範としながら新しい道を切り開いていったことから、ある程度成功していると言えるだろう。この作品は、グリンカの円熟期にあたる1839年、35歳の時に作曲された。グリンカの妹、エリーザヴェタ・イワノヴナ・グリンカに捧げられている。

8分の6拍子で書かれたこの作品は、冒頭にコモドの指示が付されている。そして、8小節の導入部で開始する。主として、左右の手に分けることのできる2つのパートで音楽が運ばれるが、所々に、各パートを更に2つの声部に分ける等の変化が見られる。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜 (0件)