ブルグミュラー :25の練習曲 気がかり Op.100-18

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains Inquietude Op.100-18

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:基礎4 基礎5 応用1 応用2

楽譜情報:20件
  • クリックして画像を開く
  • tab
23993 1

解説 (3)

解説 : 佐藤 卓史 (402文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 Inquiétude とは、落ち着かないさま、動揺しているさまを言います。その様子をぴったり示す発想標語が「agitato」です。続編の『18の練習曲』第8曲には、ずばりそのまま『アジタート』という標題の曲がありますから、ぜひ参考にしてみて下さい。どちらもホ短調で書かれた曲です。どんな気がかりなことがあるのでしょうか?あっという間に終わるように弾きたいものです。

演奏のポイント(原典 ♩=138)

agitato の性格を決定づけるのは、右手のリズムの食いつきです。 譜例のように左手と右手の最初の1音だけを取り出して、リズムの練習をしてみましょう。5,6小節などの跳躍を伴った音型は、少し表情豊かに。左手の和音のスタッカートは、手を下ろすのではなく、上げるような軽いタッチで。24小節(2括弧)からの単音のバスは一転して、重さをかけて弾きます。

(東音版「ブルグミュラー25の練習曲」(NS70)より)

執筆者: 佐藤 卓史

楽曲分析図 : 飯田 有抄 (12文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (486文字)

更新日:2019年5月10日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

気がかり

楽譜続きをみる

楽譜一覧 (20)

その他特記事項
表記ゆれの例: 不安 気がかり