ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 アジタート Op.109-8

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) Agitato Op.109-8

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分20秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34161 1

解説 (2)

解説 : 佐藤 卓史 (497文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 『アジタート』は発想標語で、「激して、興奮して、せきこんで」などと訳されていますが、ちょっと本来の意味とずれがあるように感じられます。そういえば「25の練習曲」の『気がかり』(不安)の発想標語が agitato でしたね。 そう、何か気がかりなことに追われて焦っているニュアンス が、agitato の中には含まれているのです。ホ短調という調性も2曲に共通しています。

演奏のポイント(原典 ♩=176) 

 技術的には、急速なアルペジオを左右で2音ずつ分けて弾く練習です。まず、すべての音を機械的に均等に弾く練習から始めましょう。左手の拍頭の音の前で待ちすぎないように。アクセントがついている音は、打鍵を速くしようとするあまりリズムが急いでしまいがちなので、気をつけましょう。2音に小さいスラーがかかっていることからわかるように、1指で弾く音は前の音よりも小さく軽く演奏します。その精密さを保ったまま、大きなクレッシェンドやディミヌエンドを波のようにかけていきます。最後はクレッシェンドしながらアッチェレランド(加速)。決然と終わります。

(東音版「ブルグミュラー18の練習曲」(NS61)より)

執筆者: 佐藤 卓史

演奏のヒント : 大井 和郎 (970文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

アジタート