ホーム > ピアノ曲事典 > クライスラー

クライスラー 1875-1962 Kreisler, Fritz

  • 解説:齊藤 紀子 (303文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • ウィーンで生まれたアメリカ合衆国のヴァイオリニスト。幼少の頃よりヴァイオリンを学び始め、ウィーン市立音楽院に入学、パリ音楽院を幼くして卒業している。1899年にベルリン・フィルハーモニーと共演。それ以後、国際的な演奏活動を続けた。1923年には、日本も訪れている。

    1939年よりアメリカ合衆国に移り、1940年に永住権を獲得している。人間味に溢れていたという演奏は人気が高かった。1940年後半にカーネギーホールでの演奏を最後に、舞台から退いた。

    オペレッタと独奏ヴァイオリンのための小品の他、ベートーヴェンやブラームスの協奏曲のカデンツ、ドヴォルジャークやタルティーニなど他の作曲家の作品の編曲も手がけた。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(8)

    ピアノ独奏曲 (2)

    ワルツ (1)

    小ワルツ 小ワルツ

    総演奏時間:3分00秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    リダクション/アレンジメント (2)

    ウィーン奇想曲 Op.2 ウィーン奇想曲 ロ短調

    調:ロ短調  総演奏時間:4分00秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (3)

    曲集・小品集 (1)

    解説(0)

    楽譜(0)

    リダクション/アレンジメント (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (3)

    解説(0)

    楽譜(0)

    解説(0)

    楽譜(0)