ホーム > クープラン, フランソワ

クープラン, フランソワ 1668-1733 Couperin, François

58
  • 解説:宮本 優美 (287文字)

  • 更新日:2007年5月1日
  • フランスの作曲家、クラヴサン奏者、オルガニスト。クープラン一族の中で最も有名で、大クープランと呼ばれる。父のシャルル・クープランと伯父のルイ・クープランはパリのサン・ジェルヴェ教会のオルガニストであった。

    1679年、10歳で父を失う。

    その後教会オルガニストとして活動し、93年には国王のオルガニストという地位を得る。クープランは宮廷に出入りし、王家の人々にクラヴサンを教えた。また、宮廷作曲家として室内楽曲や王室礼拝用の宗教曲を作曲した。1713年、〈クラヴサン曲集第1巻〉が出版される。クラヴサン曲集は第4巻(1730年)まで出版され、合計230曲以上がおさめられている。

    執筆者: 宮本 優美
    <続きを表示する>

    作品(30)

    ピアノ独奏曲 (3)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    組曲 (27)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    ブーレ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)