ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 ジプシー Op.109-4

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) Les Bohémiens Op.109-4

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34157 1

解説 (2)

解説 : 佐藤 卓史 (503文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 私たちにとっては馴染みの薄い「ジプシー」(ボヘミアン)は、ヨーロッパでは今でもよく見かける存在です。定職を持たず、定住せず、地域社会にも溶け込まずに暮らしている集団。その芸能文化は実に魅力的で、サラサーテの『ツィゴイネルワイゼン』をはじめとしてクラシック音楽にも多く採り入れられてきましたが、ごく一部には盗みなどを働く者もいたので、ジプシーを忌み恐れる人もいました。生気なく下へ引きずられるようなこの曲は、ジプシーの暗い側面を描いているように思われます。

演奏のポイント(原典 ♩=152)

 スタッカートの和音の中で、声部間のバランスを取ることがこの曲の練習課題です。1小節では上声のドよりも動きのある内声にスポットを当てますが、2小節ではやはり上声がメロディーを担当します。耳をよく働かせて、よいバランスになっているかを瞬時に判断しましょう。スタッカートの長さはどのくらいがよいでしょうか?9小節からのスラースタッカート(ポルタート)との違いも意識したいものです。2拍目にアクセントがつく小節が多いですが、その際の1拍目は軽く弾くようにしましょう。

(東音版「ブルグミュラー18の練習曲」(NS61)より)

執筆者: 佐藤 卓史

演奏のヒント : 大井 和郎 (730文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

ボヘミアン