マスネ 1842-1912 Massenet, Jules (Emile Frédéric)

703

解説:樋口 愛 ( 449文字 )

更新日:2007年10月1日

サンテティエンヌのモントー生まれ。幼少の頃、ピアノの教師をしていた母にピアノを学び、1853年にはパリ音楽院に入学し、アドルフ・ロランに学ぶ。1960年からルベールに和声を、アンブロワーズ・トマに作曲を師事し、その間に、カンタータ曲でローマ賞を獲得。もともと裕福な家系ではなかったため、生活のためにカフェの演奏者からオペラ座での臨時打楽器奏者まで務めた。しかし、この経験から彼はオーケストレーションの知識を身につけられたのだった。1873年にオラトリオ劇で《マグダラのマリア》で成功を収めた。彼はこのように聖書など宗教的なものや、その女性像を題材にした作品によって、慰めを欲する者や音楽を愛する多くの女性を魅了した。1878年からパリ音楽院作曲科の教授に就く。彼の弟子にはシャルパンティエやシュミットなどがいる。マスネは極めて多くのオペラを作曲しており、フランスで最も人気のオペラ作曲家であった。彼特有のとても甘く魅力的な旋律が用いられている、ピアノのための小品も数多く作曲され、成功を収めている。

執筆者: 樋口 愛
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)(1)

ピアノ独奏曲(8)

曲集・小品集(2)

解説(0)

楽譜(0)

トッカータ(1)

即興曲(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ノクターン(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

性格小品(1)

ピアノ合奏曲(1)

曲集・小品集(3)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

室内楽(1)

間奏曲(1)