ブルグミュラー :25の練習曲 バラード Op.100-15

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:25 Etudes faciles et progressives, conposées et doigtées expressément pour l'étendue des petites mains Ballade Op.100-15

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:基礎4 基礎5 応用1 応用2

楽譜情報:24件
  • クリックして画像を開く
  • tab
23990 1

解説 (3)

解説 : 佐藤 卓史 (399文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 「バラード」はもともと文学用語で、叙事詩(歴史上の出来事を記した詩)のこと。音楽においては、叙事詩にメロディーをつけた歌曲をバラードと呼びます。代表的な例は、ゲーテの詩にシューベルトが作曲した『魔王』。この練習曲も、右手の3分割の連打・左手の細かい音型・切迫した雰囲気など、『魔王』と似通った雰囲気があります。どんな情景を描いているのか、自分なりに想像してみましょう。

演奏のポイント(原典 ♩.=104)  

 右手の連打はメトロノームのように正確に、それに左手を合わせていきます。左手の3拍目の A が右手とぴったり合うように。そのためには直前(2拍目ウラ)の G をしっかり弾くことです。31小節からの平行長調(ハ長調)の中間部は、4小節で一息のフレーズ。2小節ごとに切れないようにしましょう。53〜56小節は、しっかり3拍数えること。

(東音版「ブルグミュラー25の練習曲」(NS70)より)

執筆者: 佐藤 卓史

楽曲分析図 : 飯田 有抄 (12文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (930文字)

更新日:2019年5月10日
[開く]

参考動画&オーディション入選(1件)

バラード

楽譜続きをみる

楽譜一覧 (24)