ホーム > レビコフ > 3つの小品 > 憂鬱なワルツ

レビコフ :3つの小品 憂鬱なワルツ Op.3-3

Rebikov, Vladimir:Trois Morceaux Valse mélarcolique Op.3-3

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:1分10秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (1180文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

レビコフ メランコリックワルツ

演奏のヒント: この曲は現実と幻想が錯綜する曲で、それら場面場面の弾き分けが重要課題となります。形式は ABAで、Aが1-16(小節)、Bが17-32(小節)、Aが33-48(小節)となります。最初のAを 見たとき、1-8(小節)が1つ、9-16(小節)が1つで、2つに分かれます。1-8を見たとき、 1-2、3-4、5-8、の3つの部分に分けることが出来ます。同じく、9-16も3つに分かれます。 3つの部分に分かれたAセクションの前半で、1-2小節目、3-4小節目のメロディーラインは、と にかく悲痛な声を考え、切実に演奏し、決して平和な音楽にはしないようにします。5-8小節は、 6小節目で音が最も高いCisまで上がりますが、5-8小節目を3つに分けたフレーズ特に最も大きい 音量にしなければならないというわけでは必ずしもありません。もともとの強弱記号はpと書いて ありますので、pの範囲内でクレシェンド、ディミヌエンドと考えてもかまいません。いずれにせ よ、1つには、この3つのフレーズを同じように弾かずに、各フレーズに和声や音型を考えた上で それなりの表情を与えてください。 もう1つは、6小節目1拍目から2拍目に行くとき、少しだけ時間を取るようにすると良いです。 これは声楽の人たちが急にピッチを上げられなく、ある程度時間を取ってから上のピッチにたど り着く様子を描写する目的です。つまりはより、人間の声に近づけます。 Aの中の2つめのセクションである、9-16小節間は、1-8小節間とほぼ同じですが、終わり方が 違いますね。13小節目より、順次進行でメロディーラインが上がっていき、ダイナミックはppか らディミヌエンドがかかっていますね。これはある種の「レゾネンス」タイプの音型で、ちょうど 「エリーゼのために」でEの音が次々と上に上がっていく部分と似ています。故に、決して音量を 与えず、消えゆくように上行してください。 Bセクションも2つに分かれます。17-24小節間と、25-32小節間です。17-24小節間では、 17-20、21-24、とさらに2つに分かれます。17小節目より18小節目のGに上がっていき、そこ から徐々に下がって行きます。21小節目からも同じです。 Bセクションの25小節目以降は、17-24小節間が、オクターブ上に上がっただけに過ぎません。 しかしながらこの2つのセクションは1つめを現実、2つめを幻想など、異なったムードで扱い、 同じように弾かないようにします。たとえば、1つめは現実、2つめはオルゴールの描写などと考 えてもかまいません。 戻ってくるAセクションは、最初の1-16 間と全く同じですが、最後にritが来ますので、物語の最 後のようにテンポを引っ張って終わります。

執筆者: 大井 和郎

参考動画&オーディション入選(1件)

フィリップ・シーア

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。