ホーム > ピアノ曲事典 > ヘンデル

ヘンデル 1685-1759 Händel, Georg Friedrich

314

解説:朝山 奈津子 ( 644文字 )

更新日:2007年5月1日

ドイツの作曲家。ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

オルガン・コンチェルトは、ヘンデルが創始した新しいジャンルで、オラトリオ上演の幕間に主演歌手に対抗するような名人芸を披露した。自身は手鍵盤のみの小さなオルガンを用いたが、「クラヴィーアあるいはオルガンのため」との注記があり、ハープシコードでの演奏も可能である。

執筆者: 朝山 奈津子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(18)

ソナタ(4)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ソナチネ(3)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

曲集・小品集(3)

13のエア / 13 Airs 13のエア HWV 460-471, 474    

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

組曲(26)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

前奏曲(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

幻想曲(1)

動画(0)

解説(0)

フーガ(3)

6つのフーガ / 6 Fugen 6つのフーガ HWV 605-610    25分30秒

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

アルマンド(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

クーラント(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ブーレ(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ガヴォット(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ジーグ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

その他の舞曲(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

カプリス(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

★ 種々の作品 ★(4)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

室内楽(1)

ソナタ(39)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)