ホーム > ヘンデル > ソナチネ ト長調

ヘンデル :ソナチネ ト長調 HWV 582

Händel, Georg Friedrich:Sonatina G-Dur HWV 582

作品概要

楽曲ID:44945
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナチネ
総演奏時間:0分40秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (442文字)

更新日:2024年6月17日
[開く]

曲自体が短い曲ですので、学習者はまず、2声を1声ずつ演奏してみましょう。そして休符以外の場所でもブレスを入れるべき場所、フレーズの終わりと感じる場所、始まりと感じる場所等に、ブレスを入れ、いくつかのフレーズに分けた方が、全く切れ目無しでの演奏に比べ、判りやすいです。テーマ(主題)は、G-dur、C-dur、D-durに転調しますので、これらの調性から、考えられる音量や音質を選んでください。勿論、決まりはありませんので自由です。

ここからは筆者の個人的な見解(趣向)となりますが、テンポはモデラート位に設定して良いと思います。そして特にこの曲にピークポイントは無いようにも感じますが、連続する8分音符を見たときに、14小節目の3拍目から始まる8分音符は、17小節目の2拍目まで、合計22個も連続し、ここが最も数の多い8分音符が連続する場所です。この事実を鑑みたとき、8分音符を次第に大きくしていき、その後に待っている最後のカデンツである18小節目をピークに持ってきても良いと思います。

執筆者: 大井 和郎
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (1)