ホーム > ヘンデル > 樹木の影で [ラルゴ] (歌劇「セルセ」より) ヘ長調

ヘンデル :樹木の影で [ラルゴ] (歌劇「セルセ」より) HWV 40 ヘ長調

Händel, Georg Friedrich:Ombra mai fù F-Dur HWV 40

作品概要

作曲年:1737年 
楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (200文字)

更新日:2012年4月13日
[開く]

第19回公開録音コンサートプログラムより引用

第1幕の中のアリア。

プラタナスの木陰で、ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。

『ラルゴ』とも呼ばれる。

今日オペラはほとんど上演されないが、この曲は美しい小品として愛され、しばしば演奏される。

元来カストラートのための曲だが、今日は主にソプラノにより歌われる。

こんな木陰は 今まで決してなかった

緑の木陰

親しく、そして愛らしい、

よりやさしい木陰は

楽譜 (8件以上)全件みる