ホーム > ヘンデル > 組曲 ト短調

ヘンデル :組曲 HWV 452 ト短調

Händel, Georg Friedrich:Suite g-moll HWV 452

作品概要

作曲年:ca.1年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:9分30秒
著作権:パブリック・ドメイン
ピティナ・コンペ課題曲2022:E級

解説 (1)

解説 : 佐竹 那月 (156文字)

更新日:2022年3月8日
[開く]

1739年にルイーザ王女のために作曲されたこの組曲は、バロック時代の組曲における4つの基本舞曲、つまり、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグで構成される。アルマンド、クーラント、ジーグでは、左右を部分的に模倣する書法とホモフォニックな書法が交替する。サラバンドは、ゆったりと語るような旋律をもつ荘重な音楽。

執筆者: 佐竹 那月

楽章等 (4)

アルマンド HWV 452

総演奏時間:2分40秒 

解説0

編曲0

クーラント HWV 452

総演奏時間:2分10秒 

動画0

解説0

編曲0

サラバンド HWV 452

総演奏時間:3分30秒 

動画0

解説0

編曲0

ジグ HWV 452

総演奏時間:1分10秒 

動画0

解説0

編曲0

楽譜

楽譜一覧 (1)