ホーム > ヘンデル > 20/21の変奏付きのシャコンヌ(クラヴサン組曲第2集から)

ヘンデル :20/21の変奏付きのシャコンヌ(クラヴサン組曲第2集から) HWV 435

Händel, Georg Friedrich:Chaconne HWV 435

作品概要

作曲年:1710年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:シャコンヌ
総演奏時間:6分20秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (208文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。

楽章等 (1)

シャコンヌ

調:ト長調  総演奏時間:6分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)