ホーム > 金子 淳

金子 淳 Kaneko, Jun

5382
  • プロフィール (751文字)

  • 武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻を首席で卒業。同大学大学院音楽研究科博士前期課程を首席で修了しクロイツァー賞を受賞。その後渡欧しイモラ国際ピアノアカデミー(伊)にて研鑽を積む。ディプロマを取得。

    第34回ピティナピアノコンペティション特級銅賞。第4回カラーリオ国際ピアノコンクール(伊)第1位、他多数のコンクールで入賞。第79回読売新人演奏会、皇居桃華楽堂にて行われた御前演奏会に出演。

    留学中も精力的に演奏活動を展開し、東京芸術センター天空劇場にてリサイタル、第3回高松国際ピアノコンクール出場者によるジョイントリサイタル、日本ショパン協会第265回例会<日本ショパン協会パウゼシリーズVol.22金子淳ピアノリサイタル>、武蔵野音楽大学にて<ニューストリームコンサート金子淳ピアノリサイタル>、ミラノ市バレーゼにてリサイタル、またミラノ市オーディトリウム・ジョルジョガバーにてイモラ国際ピアノアカデミー25周年リサイタルシリーズに出演。文化庁/日本演奏連盟主催新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズTOKYO54に出演。第7回「EXCITING ENSEMBLE」若手演奏家育成プロジェクトに出演し東京フィルハーモニー交響楽団メンバーと室内楽を共演。他、日本・イタリアにて数々のリサイタルに出演し好評を博す。

    武蔵野音楽大学管弦楽団、東京交響楽団と共演。現在、武蔵野音楽大学講師、同大学附属音楽教室講師として後進の指導にもあたる他、各コンクール審査員、セミナー講師等も務める。デビューCDがレコード芸術誌にて準特選盤に選出される。
    <続きを表示する>