ホーム > ピアノ曲事典 > プロコフィエフ

プロコフィエフ 1891-1953 Prokof'ev, Sergei Sergeevich

296

解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 ( 527文字 )

更新日:2010年1月1日

作曲家・ピアニスト。ウクライナの裕福な家庭に生まれ、ピアニストである母親に影響を受ける。幼少のころからその音楽的才能はずば抜けたもので、5歳で最初のピアノ曲を作曲し、その後和声・形式・管弦楽法の基礎を学ぶと10歳の頃にはすでに4楽章から成るシンフォニーを書いている。少年期にはおびただしい量のピアノのための小品を書き、もちろんそれら初期の作品は模倣的な習作の要素が強い印象はあるが、すでに後に洗練され固定されてゆくプロコフィエフの独自の作風につながる音楽性を秘めている。 1904年からはペテルブルク音楽院で本格的に学ぶようになるが、音楽的に早熟した彼にとっては音楽院の授業は退屈なものであった。しかし作曲家で指揮者のニコライ・チェレプニン(彼はドビュッシーや晩年のスクリャービンに大きな影響を受けた)に出会い、特にその神秘性や感覚的な音響に刺激を受けたことから、プロコフィエフは強烈で個性的な音楽の作曲へと導かれることとなる。1918年~22年はアメリカで、22年~36年はパリ、36年以降は再びソ連で活動。鋭い性格描写や風刺的な作風、ピアノの打楽器的な扱いや和声などその作品には彼独特のスタイルが見られ、20世紀を代表する重要な音楽家のひとりである。

<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(10)

ソナタ(10)

ソナチネ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

曲集・小品集(13)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

練習曲(1)

解説(0)

楽譜(0)

リダクション/アレンジメント(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

★ 種々の作品 ★(6)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

思考 / Pensees 思考 Op.62    13分00秒

解説(0)

楽譜(0)