ホーム > プレイエル, テオドール・フュルヒテゴット

プレイエル, テオドール・フュルヒテゴット 1757-1831 Pleyel, Ignaz Joseph

583
  • 解説:宮本 優美 (320文字)

  • 更新日:2007年5月1日
  • フランスで活躍したオーストリアの作曲家、楽譜出版家、ピアノ製作者。幼少の頃にヴァンハルに師事したとされる。1772年にハイドンの弟子となる。89年よりストラスブール大聖堂の楽長を務める。フランス革命後、91年から92年はロンドンで指揮者として活動した。

    95年にはパリに移住し、出版社を設立。ボッケリーニベートーヴェンクレメンティ、クラーマー、J. L. ドゥシークハイドン、その他約4000曲を出版した。また、ハイドンの交響曲やプレイエル自身の弦楽四重奏曲をミニチュア・スコアにして発行した。

    1805年、プレイエルはウィーン支社設立に失敗し、1813年には出版事業を手放す。

    作品は交響曲、協奏曲、室内楽曲、器楽曲、歌曲等多岐にわたる。

    執筆者: 宮本 優美
    <続きを表示する>

    作品(16)

    ピアノ独奏曲 (5)

    ソナタ (4)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ソナチネ (6)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    動画(0)

    解説(0)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    その他の舞曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (2)

    ★ 種々の作品 ★ (1)