ホーム > 香月 修

香月 修 1948 Katsuki, Osamu

1200
  • プロフィール (639文字)

  • 更新日:2018年3月12日
  • 1948年佐賀県生まれ。

    桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。在学中は入野義朗、別宮貞雄 両氏に師事。

    〔主な作品〕

    クラリネット五重奏曲(卒業作品)

    オペラ「わらしべ長者」(日本オペラ協会委嘱作品)

    フルート、ハープ、チェロのための「トリオ」 「弦楽四重奏曲」

    「詩曲Ⅰ-独奏ヴァイオリンのための」(後に弦楽四重奏版と弦楽合奏版を作成)

    「詩曲Ⅱ-2つのヴァイオリンとピアノのための」(ミュージック・イン・スタイル委嘱作品)

    「詩曲Ⅲ-ピアノ四重奏のための」(アンサンブル・アコルデ委嘱作品) 「プレリュード、アリア、フィナーレ-ピアノ四重奏のための」(ガブリエルカルテット委嘱作品)

    「詩曲Ⅳ - ピアノのための」 「子供の四季-児童合唱とオーケストラのための」

    また、三好達治、佐藤春夫、三木露風等の詩による歌曲作品はこれまで数多くの歌手のリサイタル等で演奏されている。子供のためのピアノ曲(連弾を含む)はピティナ・ピアノコンペティション等のコンクール課題となり、全国の子供達に演奏されている。

    その他、合唱曲等作品多数。2013年には新国立劇場委嘱のオペラ「夜叉ヶ池」を同劇場で初演。

    2017年6月に新刊ピアノ楽譜「ツグミの森の物語」を全音楽譜出版社より刊行。

    現桐朋学園大学音楽学部非常勤講師 (2015年3月に教授を退官)

    「日本作曲家協議会」副会長

    「日本童謡協会」会員

    「日本音楽コンクール」作曲部門、「長野県ピアノコンクール」等の審査員を歴任

    「港区スポーツ文化健康財団」評議員

    <続きを表示する>

    作品(2)

    ピアノ独奏曲 (2)

    ワルツ (1)