ホーム > ピアノ曲事典 > チャイコフスキー > 「四季」-12の性格的描写

チャイコフスキー : 「四季」-12の性格的描写

Tchaikovsky, Pytr Il'ich : Les saisons - 12 Morceaux caracteristiques Op.37bis

作品概要

作曲年:1875年 
出版年:1876年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:22分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (2748文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

チャイコフスキー(1840-1893)の「四季」Op.37bis〔1876年〕は、ペテルブルクの月刊誌『ヌウェリスト(小説家)』上で“連載”された作品で、12ヶ月に対応した12の小品から成ります。季節の自然のみならず、民衆の生活をも生き生きと描写したユニークな作品で、その音楽には、祖国ロシアの自然と人々を見つめるチャイコフスキーのあたたかな眼差しがつねに息づいています。

音楽は、心あたたまる家の中の情景(「1月 炉ばたで」)で始まり、祭のにぎわい(「2月 ロシアの謝肉祭」)とともに、春が訪れ自然が目覚めると、自然の情景とそれに付随した人々の心の動きが描写されます(「3月 ひばり雲雀の歌」「4月 待雪草」「5月 白夜」「6月 舟歌」)。続いて、自然と結びついた民衆の生活が描写されます(「7月 刈入れ人の歌」「8月 収穫」「9月 狩り」)が、秋を迎え自然は枯れていきます(「10月 秋の歌」)。再び冬が訪れ(「11月 トロイカに乗って」)人々は明るい気分で1年を終えます(「12月 クリスマス週間」)。各々の小品の表題は編集者が与えたものですが、チャイコフスキーは、これらの情景を、過ぎゆく季節をいとおしむように優しい音遣いでえがき出しています。ほとんどの曲が前の曲の近親調で始められており、余韻から翌月の音楽が浮かび上がるような効果が、1年を通じた大きな流れを感得させる所以となっています。

ところで、「四季」は、特定の楽器を思わせる書法が散見されるなど、きわめて管弦楽的な発想で作曲されているので、そのオーケストレーションを意識して味わうと、鑑賞の愉しみも倍増するのではないでしょうか。実際、20世紀にソ連の指揮者・作曲家のアレクサンドル・ガウク(1893-63)が管弦楽編曲しており、スヴェトラーノフらによる録音で聴くことができますが、チャイコフスキー自身による管弦楽版が残されていればどんなに素敵だったことか、と夢想してしまいます。

「1月 炉ばたで」(イ長調)は弦楽四重奏を思わせる心あたたまる音楽で、炉ばたで暖をとりながらあれこれ思いを巡らせているようです。

「2月 ロシアの謝肉祭」(ニ長調)では打楽器も加えた大編成のトゥッティで、人々のお祭り騒ぎが描かれます。息の長いcresc.が、遠くから近づいてくる行列を生き生きと描いています。

「3月 雲雀の歌」(ト短調)は、澄み切った虚空に静かに響くひばりのさえずり。弦のしっとりとしたハーモニーに乗せて歌われるクラリネット・ファゴット・フルートの掛け合いが美しいかぎりです。

「4月 待雪草」(変ロ長調)は、スノードロップの和名で、春を告げる花と言われています。その花言葉「希望」の通り、春になり自然が目覚めた喜びが、管楽器の軽やかなリズムに乗せて、希望をこめて歌われます。

「5月 白夜」(ト長調)は、ハープの純白の響きに包まれ、優しく澄み切った音楽で、夏の白夜(現在の暦では6月)の解放感や、その美しさへの感動がえがかれています。

「6月 舟歌」(ト短調)は、チャイコフスキーのピアノ曲のなかで最も親しまれているもので、穏やかに揺れる伴奏音型が波のメタファーとなり、揺れる小舟から見上げた夏の星空への陶酔がロマンティックに歌われる名曲です。

「7月 刈入れ人の歌」(変ホ長調)は、草を刈る人々の鎌をふるうリズムにのせて、民謡風ののどかな歌が歌われます。

「8月 収穫」(ロ短調)は、弦のピツィカートのみで奏される第4交響曲スケルツォを彷彿とさせるような音楽で、農作物の取り入れで慌しい人々のようすが描写されています。穏やかな中間部は束の間の休息。

「9月 狩り」(ト長調)では、トランペットや、“狩りの楽器”ホルン(角笛)が高らかに鳴り響き、秋の狩猟の光景が力強く描かれます。3連符のリズムは狩りのメタファーです。

「10月 秋の歌」(ニ短調)は、オーボエやチェロによって、秋の愁いが愛情を込めて歌われます。中間部のデュエットは幸せな日々を回想しているかのようです。

「11月 トロイカに乗って」(ホ長調)は、一面の銀世界となった広大なロシアの雪原を、鈴の音とともに、トロイカ(馬3頭立てのそり)がさっそうと駆け抜けます。中間部のsfは、鞭のメタファーでしょうか。ラフマニノフの愛奏曲でもあった名曲です。

「12月 クリスマス週間」(変イ長調)は、クリスマスから1月6日の主顕節までの洗礼祭期を指し、静かな祝祭のムードが、新年への期待とともに描かれ、あたたかい余韻を残して1年を締めくくります。

なお、「四季」の各々の小品には詩が引用されており、聴き手が想像力をふくらませる一助となっています。

炉ばたで―1月

穏やかな 安らぎのひとすみ一隅を

うっすらくる包む 夜の闇。

暖炉のなかの かすかなほのお焔

燃えかすつきの 消えたろうそく。  ―プーシキン

ロシアの謝肉祭―2月

もうすぐ 湧きあがるよ

にぎやかな 謝肉祭の

盛大な お祭り騒ぎが。  ―ヴャゼムスキィ

ひばり雲雀の歌―3月

野原は花のさざなみ漣に揺れ

空には光の波が流れ

春の雲雀たちの歌声は

果てなき青さに満ちる   ―マイコフ

まつ待ゆき雪そう草―4月

水色の 清らかな

待雪草の花

傍らに 透きとおる

消えかけの雪

過ぎ去りし悲しみによせて

最後の涙を流し

初めて夢見るのだ

また別の幸せを。       ―マイコフ

白夜―5月

なんて安らぎに満ちた夜だろう!

ありがとう、北のふるさと故郷よ!

氷におおわれた王国から

雪の降りしきる王国から

5月よ、

君はなんてすがすが清清しく、

鮮やかに飛びたつのだろう!    ―フェート

舟歌―6月

岸辺に出よう。

僕らの足に波はくちづけ、

秘めやかな愁いの星が

僕らの上に光るだろう。  ―プレシシェーエフ

刈入れ人の歌―7月

肩よ うなれ、

手を振り上げろ!

南風、顔に吹きつけろ!  ―コリツォフ

収穫―8月

人々は 家族みんなで

収穫にかかった。

根元まで刈り取るんだ、

背高のライ麦を!

麦束は 山のように

ぎっしりと積まれた。

荷馬車から一晩じゅう、

音楽が鳴り響く。     ―コリツォフ

狩り―9月

さぁ時間だ!と鳴るホルン角笛

狩装束の猟犬番らは

夜明けが先か 馬にまたがり

犬は一群 飛び跳ねる     ―プーシキン

秋の歌―10月

秋よ、われらが粗末な庭は一面

落葉におおわれる

黄色い木の葉が風に舞い……  ―トルストイ

トロイカに乗って―11月

憂いをもって道を見るな

トロイカのあとを急いで追うな

胸の内に憂うおそ懼れを

すぐさま とわ永久にかき消せよ    ―ネクラーソフ

クリスマス週間―12月

洗礼祭期のある晩に

娘たちは占った

履いている靴をすっぽりと

門の向こうへ放り上げて。  ―ジュコフスキィ

訳  岡崎卓巳

文  内藤 晃

2008/11

楽章等

ピティナのYoutubeチャンネル(9)

楽譜

楽譜一覧(55)