チャイコフスキー :「四季」-12の性格的描写 10月 「秋の歌」 Op.37bis ニ短調

Tchaikovsky, Pytr Il'ich:Les saisons - 12 Morceaux caracteristiques No.10 "Chand d'automne" d-moll

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (393文字)

更新日:2019年6月25日
[開く]

秋 憐れな庭は落ち葉におおわれている

黄ばんだ木の葉は 風に舞い落ちている……

エピグラフはアレクセイ・トルストイの「秋 憐れな庭は落ち葉におおわれている」(1858)より。

ニ短調の主題はチャイコフスキーのメロディーメーカーとしての面目躍如といえるだろう。ゆるやかな和声にのせ、哀愁に溢れた旋律が優しげに歌われる。中間部はヘ長調だが、主要主題のほの暗さはそのまま保っている。弱音を中心としてデュナーミクが構成され、それらをどのように繊細に表現するかが求められている。その極致とも言えるのが楽曲の終結部だろう。ppで響く、蠕動するような上声の動きの中、morendoの末にとうとうpppp(!)にまで達し、消えゆく。

執筆者: 山本 明尚

楽譜 (7件)全件みる