チャイコフスキー :「四季」-12の性格的描写 4月 「松雪草」 Op.37bis 変ロ長調

Tchaikovsky, Pytr Il'ich:Les saisons - 12 Morceaux caracteristiques No.4 "Perce-neige" B-Dur

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (527文字)

更新日:2019年6月25日
[開く]

空色の 清らかな

雪割草の花

傍らには透き通った

なごりの淡雪

過ぎ行く哀しみに寄せる

最後の涙と

やがて訪れる幸せに寄せる

最初の夢と……

エピグラフはアポローン・マーイコフの詩集『野外で』(1857)より、「春」の全編が引かれている。

6/8拍子で書かれてこそいるが、1小節を二つに分割すると、興味深いことに、優雅なワルツであるかのように響く。長調で書かれているが、1月と同じく、しばしば強拍の伴奏を欠く書法は、ためらいや不完全さを連想させる。倚音が多用されるサロン的な旋律は、当初最上声部で提示されるが、しばしば内声へと移り変わる。やや長い中間部はニ短調で書かれており、哀愁を帯びながらも軽やかな上声が特徴的である。以上のように、主要部分にも中間部分にも、性格が統一されないアンビバレントさがある。また、強弱指示も全体として弱音に偏っており、力強さや決意のようなものは、あまり感じられない。この楽曲からは、「3月」と同じく、まだ完全に冬が明けきっていない、早春のほのかな明るさが感じられる。

執筆者: 山本 明尚

楽譜 (7件)全件みる