ホーム > ピアノ曲事典 > ベートーヴェン > ピアノ協奏曲 第3番  ハ短調

ベートーヴェン :ピアノ協奏曲 第3番  Op.37 ハ短調

Beethoven, Ludwig van:Konzert für Klavier und Orchester Nr.3 c-moll Op.37

作品概要

作曲年:1796年 
出版年:1804年 
初出版社:Bureau d'art et d'industrie
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:36分00秒

解説 (2)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (396文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

このピアノ協奏曲は、第1・2番とはやや間隔を空け《第3交響曲》とほぼ同じ時期に完成した。前作よりも一層ベートーヴェンらしさが増しているが、それは《悲愴ソナタ》や《運命交響曲》と同じハ短調という、ベートーヴェン的な調の選択にもよっているのかもしれない。19世紀、ベートーヴェンのピアノ協奏曲の中で最も愛され頻繁に演奏された。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ ハ短調 4分の4拍子

第1主題が《第5交響曲》のフィナーレを先取りしていることは、非常に興味深い。

第2楽章 ラルゴ ホ長調 8分の3拍子

第1楽章の平行調の変ホ長調ではなく、意表をついたホ長調。おだやかに美しく流れる。

第3楽章 ロンド アレグロ 4分の2拍子 ハ短調

ロンド主題は、冒頭の減7度の下行により独特の緊張感が生み出される。この主題が、様々な調で顔を出し、最後はプレストのハ長調に転調し、華麗なピアノの技巧的パッセージで幕を下ろす。

成立背景 : 原 晶穂 (831文字)

更新日:2014年11月14日
[開く]

楽章等 (3)

第1楽章

調:ハ短調  総演奏時間:16分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

調:ホ長調  総演奏時間:10分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

調:ハ短調  総演奏時間:9分00秒 

解説(0)

楽譜(0)