ホーム > シューベルト > ピアノ・ソナタ 第4番 イ短調

シューベルト :ピアノ・ソナタ 第4番 D 537 Op.164 イ短調

Schubert, Franz:Sonate für Klavier Nr.4 a-moll D 537 Op.164

作品概要

作曲年:1817年 
出版年:1852年 
初出版社:Spina, Vienne
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:20分00秒

解説 (2)

執筆者 : 稲田 小絵子 (276文字)

更新日:2007年7月1日
[開く]

1817年、シューベルトは、未完も含め、6曲ものピアノ・ソナタを作曲した。第4番はその第一作である。ただ、シューベルトの自筆譜には「第5番」と記されており、他に完成した作品があったのか、あるいは以前の未完成作品まで含めて数えているのか、疑問が残る。シューベルトには未完作品が多いため、その番号付けは一筋縄ではいかない。ともあれ、この第4番はようやく全3楽章として完結したピアノ・ソナタである。初期の作品でありながら、シューベルトらしい旋律と和声の調和が非常に心地よく聴こえる。なお、彼は緩徐楽章の牧歌的な主題をなんと第20番のフィナーレにも用いている。

執筆者: 稲田 小絵子

解説 : 髙松 佑介 (1998文字)

更新日:2019年4月28日
[開く]

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:8分00秒 

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:7分30秒 

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:4分30秒 

楽譜(0)