ホーム > ピアノ曲事典 > 鈴木 弘尚

鈴木 弘尚 Suzuki, Hironao

5189
  • プロフィール (861文字)

  • 3歳よりヤマハ音楽教室に学び、ヤマハマスタークラスを経て、イタリアのイモラ国際ピアノアカデミー卒業。在学中から、東京、パリ、ミラノ、ロンドンなど、各地で演奏。
    日本国際音楽コンクール奨励賞。園田高弘賞ピアノコンクール第1位。ブゾーニ国際コンクール入賞。チャイコフスキー国際コンクール特別賞。
    浜松国際ピアノコンクール第5位、確固たる技巧と構築力、叙情豊かな音楽性が高く評価された。また、このコンクールでの奮闘ぶりがNHKテレビのドキュメンタリー番組となり、全国放映され話題となった。
    彩の国さいたま芸術劇場における「ピアニスト100」シリーズに出演。これまでに大阪シンフォニカー、ハイドン管弦楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、群馬交響楽団などと共演。
    ”ETUDES SYMPHONIQUES”、”RACHMANINOFF”の2枚のCDをリリースし、どちらも「レコード芸術」で「準特選盤」に選出される。
    平成14年度文化庁派遣芸術家在外研修員。
    これまでに、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、ピャトラス・ゲヌーシャス、江口文子、河内純、國谷尊之、浦壁信二、フランコ・スカラ、ピエロ・ラッタリーノ、ジェラール・フレミー、リッカルド・リサリティ、レオニード・マルガリウスの各氏に師事。また、アレクセイ・ナセトキン、ボリス・ペトルシャンスキーの各氏からの助言にも多大な影響を受けた。
    11歳からの8年間ヴェラ・ゴルノスタエヴァ教授(モスクワ音楽院)に教え込まれたロシア・ネイガウス流派のピアニズムの継承者。
    門下からは多数のコンクール優勝・入賞者を輩出(浜松国際コンクール入賞、ピティナ特級グランプリを含む)。
    現在、名古屋音楽大学客員准教授、ヤマハマスタークラス特別コース講師。元東京音楽大学専任講師。
    2017年ドリアードピアノアカデミー招聘教授。2018年トカチェフスキ国際コンクール審査員(ポーランド)、ならびに国際マスタークラス・フェスティバル招聘教授(予定)。
    <続きを表示する>

    演奏音源一覧(17)

    ピティナYouTubeチャンネルの動画 (17)

    ラフマニノフ : フーガ 12. 嬰ト短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : 幻想的小品集 2.前奏曲 嬰ハ短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : エチュード(練習曲)「音の絵」Op.39-9 ニ長調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : エチュード(練習曲)「音の絵」Op.39-4 ロ短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : エチュード(練習曲)「音の絵」Op.39-2 イ短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : エチュード(練習曲)「音の絵」Op.39-6 イ短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : 幻想的小品集 1. エレジー 変ホ短調 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : 組曲 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    プロコフィエフ : ピアノ・ソナタ 第3番「古い手帳から」 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    ラフマニノフ : 子守歌(チャイコフスキー) 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]
    プロコフィエフ : 風刺(サルカズム) 於:東音ホール(公開録音コンサート) 2010-04-29 [再生]