ホーム > ピアノ曲事典 > ラフマニノフ > リラの花 変イ長調

ラフマニノフ:リラの花 Op.21-5 変イ長調

Rakhmaninov, Sergei Vasil'evich:The lilac As-Dur Op.21-5

作品概要

作曲年:1914年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:トランスクリプション
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (168文字)

更新日:2007年5月1日
[開く]

1921年作曲、「12の歌曲」第5番「リラの花」( op.21-5)のピアノ独奏用編曲。繊細なメロディをもつ美しい小品であるが、作曲者自身もこの曲に愛着をもっていたようで、後にピアノ独奏用として編曲された。1902年は作曲者が結婚した年でもある。リラ(ライラック)には「愛の芽生え」「青春の歓び」といった花言葉が古くから与えられている。

ピティナのYoutubeチャンネル (6)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。