ホーム > ピアノ曲事典 > ベートーヴェン > ピアノ・ソナタ 第10番 ト長調

ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第10番ト長調

Beethoven, Ludwig van : Sonate für Klavier Nr.10 G-Dur Op.14-2

作品概要

作曲年:1799年 
出版年:1799年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:17分00秒

解説 (1)

執筆者 : 岡田 安樹浩 (1505文字)

更新日:2009年2月1日
[開く]

旧来このソナタは《ホ長調ソナタ》Op.14-1と時期を交差して作曲されたと考えられていたが、近年ではこれが完成した直後から着手され、1799年夏頃に完成したと考えられている。

(第1楽章)ト長調 4分の2拍子 ソナタ形式

[提示部]

主要主題は4度下降+短2度上行という性格的な動機とシンコペーション・リズムの動機からなる。この性格的な動機は、Op.14-1第3楽章におけるロ長調の主題にもみられる。主題の確保は省略されており、終始和声的なアルペジオ伴奏をともないながら、属音(二音)の同音反復、主要主題におけるシンコペーション・リズムの拡大形によって副次主題へ推移する。

ニ長調で提示される副次主題(第26小節~)は、付点リズムと3度重音の2度下降動機からなる。提示部はリピート記号によって反復される。

[展開部+再現部]

まず主要主題をト短調あつかうが、すぐに副次主題が変ロ長調であらわれる(第74小節~)。展開部において副次主題があらわれるのは、初期のベートーヴェンのソナタの中ではこれがはじめてである。

付点リズムを反復した後、上声の16分3連音符によるアルペジオ伴奏をともなって低声部で主要主題の性格的な動機が展開される(第81小節~)。再び主要主題があらわれ、調性は変ホ長調となる(第99小節~)。32分音符による音階パッセージを経て、主要主題の短2度上行動機が繰り返されて(第115小節~)再現部に至る。

主要主題、副次主題ともに主調であるト長調で再現され、最後に主要主題がもう一度あらわれて楽章を閉じる。

(第2楽章)ハ長調 2分の2拍子 変奏曲

反復記号をもたない8小節と、反復される12小節(=24小節)の、計24小節(=32小節)からなる主題と3つの変奏で構成されている。このような変奏曲形式の導入は、葬送ソナタOp.26で再び実践されることとなる。

主題はほぼ四声体で書かれ、スタッカートとレガートの対比が特徴的である。第1変奏(第21小節~)では主題が内声にあらわれ、第2変奏(第41小節~)ではこれが上声に半拍遅れてシンコペーション風にあらわれる。第3変奏(第65小節~)ではバス・ラインをレガート奏法で旋律的にあつかい、上声は分散和音化されている。最後にコーダとして6小節の後奏が付されている。

(第3楽章)ト長調 8分の3拍子 スケルツォ(ロンド)

Allegro assaiという速いテンポ、(八分の)三拍子、さらにスケルツォという表記もされていながら、形式的にはロンド形式である。

ロンド主題は3度順次上行する動機の連続からなる。第2の主題(第23小節~)は平行調のホ短調であらわれ、和音の強奏と16分3連音符の弱奏という対比的な性格をもっている。ロンド主題が回帰した後、ハ長調の新主題による中間部(第73小節~)が挿入される。

再びロンド主題が回帰し(第139小節~)、今度はロンド主題の素材が発展的にあつかわれてコーダを形成する(第175小節~)。

ベートーヴェンは後にソナタ形式のコーダを「第2の展開部」として拡大するまでになるが(ソナタ形式楽章のコーダを拡大する試みは、既に《ハ長調ソナタ》Op.2-3の第1楽章にもみられる)、ここにみられるロンドのコーダを動機の展開技法によって拡大するこの手法に、そうした後年のベートーヴェンを見出すことは、決して的外れなことではないように思われる。

第1楽章の展開部作法の変化、第2楽章の変奏曲形式導入、そして第3楽章ロンドにおけるコーダの動機展開技法による拡大など、この作品は実は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ創作史のなかで1つの転換点となっているのである。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽章等

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)