ホーム > 川上啓太郎

川上啓太郎 Kawakami, Keitaro

  • プロフィール (353文字)

  • 更新日:2020年3月9日
  • 昭和音楽大学作曲学科作曲コース及び国立音楽大学大学院修士課程作曲専攻音楽理論コースを経て渡仏。パリ地方音楽院音楽書法科・楽曲分析科の両専門課程を修了。同音楽院の教授陣の推薦により、パリ国立高等音楽院音楽書法科のフーガと諸形式(ティエリー・エスケシュ)、15-17世紀のポリフォニー(オリヴィエ・トラシェ)のクラスに聴講生として学ぶ。これまでに作曲・和声法・対位法・フーガを豊住竜志、故・山口博史、市川景之、ティボー・ペリーヌ、ファビアン・トゥシャール、スザンヌ・ジローの各氏に、楽曲分析と管弦楽法をアンソニー・ジラール氏に師事。2019年度より上野学園大学短期大学部の非常勤講師として後進の指導にあたる傍ら、国立音楽大学大学院博士課程音楽研究科音楽学領域に在籍し、シャルル・ケクランの作品研究を行っている。

    <続きを表示する>