ホーム > ピアノ曲事典 > 石黒 美有

石黒 美有 ISHIGURO, Miyu

5522

プロフィール

愛知県出身。名古屋市立菊里高校音楽科を経て、2006年3月、東京藝術大学器楽科(ピアノ専攻)を卒業。

2010年チェゼーナ国立音楽院ピアノ科第II課程(修士課程)を審査員全員一致の最高点(満点+賛辞+審査員特別賞)の成績で卒業。

これまでに、ピアノを江口寿子、武田宏子、武田真理、ヴァレリア・セルヴァンスキー、佐野翠、アンドレイ・ピサレフ、西川秀人、ヴィクトリア・ポンテコルボリ、ルイージ・タンガネッリ、ボリス・ペトルシャンスキーの各氏に師事。

大阪国際音楽コンクール、クラッシックコンクール、バスティンコンクールの審査員、ピティナ・ピアノステップアドバイザー。ピティナ・ピアノコンペティション審査員を務める。イモラ国際ピアノオーディション名古屋支部長。

ピティナB級、C級、G級、コンチェルト部門上級 全国決勝大会 上位入賞。2000年中部ショパン学生音楽コンクール高校の部銀賞。

2003年ショパン国際音楽コンクール in Asia コンチェルトC部門 奨励賞。2005年愛知県芸術劇場コンサートホールにて、”協奏曲の夕べ”に出演。セントラル愛知交響楽団と共演。2006年TIAA 東京国際芸術協会 平成18年度海外音楽大学マスタークラス派遣者助成オーディション合格。マスタークラス受講費・渡航費全額助成でドイツ・シュトゥットガルトでのマスタークラスに参加。イタリア・ミラノ、ヴェネツィアでソロコンサートを行う。2008年イタリア、リグーリアにてローヴェレ・ドーロ国際ピアノコンクール第4位。2009年イタリア、カスティリヨン・フィオレンティーノピアノコンクール第一位。副賞としてザルツブルグ・モーツァルテウム夏期講習への奨学金を授与される。 同じくイタリア、サン・ジェーミニ国際ピアノコンクールにて第3位。ブッキアーニコピアノコンクール第2位。最優秀モーツァルトソナタ演奏賞受賞。

2010年よりピティナ・ピアノコンペティションで、指導者として多数の生徒を指導。5年連続指導者賞受賞。 

2015年1月、イタリアにてシチリア交響楽団とショパンのピアノ協奏曲第1番の共演が好評を得る。

以後、国内外で演奏活動をしながら、後進の指導にも積極的に力を注いでいる。

2015年4月より、名古屋音楽大学非常勤講師。
<続きを表示する / 閉じる>

登録音源一覧 (23)