ホーム > ピアノ曲事典 > 山岸 ルツ子

山岸 ルツ子 Yamagishi, Rutsuko

5388
  • プロフィール (2153文字)

  • 山岸ルツ子、ピアニスト。

    カナダ、バンクーバー生まれ。3歳よりピアノを始める。
    日本に帰国後、6歳より父の赴任先マニラ市に転居、元スペイン総督の長女でピアニストの Stella Goldenberg Brimo に師事。9歳の時にマニラ市パコパークにおいてリサイタルを行い現地の教育テレビにて全国放映される。

    帰国後、 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科で学び、19歳よりバンクーバーに留学、ユージン・スコボロドゥニコフに師事。独自の芸術表現の世界を拓いたロシア・レニングラード派の基礎を学ぶ。

    96年巨匠ラザール・ベルマンと出会い、翌97年に弟子入り。8年間に亘り、最後の弟子としてイタリア・フィレンツェにて研鑽を重ねる。

    95年ローマ国際コンクール第3位受賞。
    97年カナダ、キワニスコンクール、コンチェルト・ソロ両部門 において総合第1位受賞。
    97年カナダ、ブリティッシュコロンビア・アソシエーション・パフォーミング・アーツ・コンクールにて審査員全員一致の第1位受賞。

    ステラ・G・ブリモ、濱口ゆり、松岡貞子、ユージン・スコボロドゥニコフ、ヴァレンティナ・ベルマン、ラザール・ベルマンの各氏に師事。

    これまでに8枚のCDと1枚のDVD(いずれもライブ収録・会場限定盤)が発売。2012年より iTunes にて2枚のアルバムが配信されている。


    【日本に於ける主な活動】
    99年東京・カザルスホールでのデビューリサイタル以後、NHK-FM「FMリサイタル」「名曲リサイタル」、石井竜也クラシカルコンサートツアー、古澤巌ヴァイオリンリサイタル、全国各地でのカワイ・コンサートをはじめ、数多くのコンサートに出演。2011年にはカワイ・東日本大震災復興支援チャリティーコンサートに出演、また11月東京・浜離宮朝日ホールにてフランツ・リスト生誕200年を記念してオール・リスト・プログラム・リサイタルを開催するなど、精力的に活動を展開。2012年全国にて展開されている「住友生命チャリティーコンサート」の登録アーティストに参加。2013年1月西本智実指揮・イルミナートフィルハーモニーオーケストラ全国ツアーにソリストとして同行、6月には、東京・紀尾井ホールにてヘンデル・ショパン・リスト・ラフマニノフを題材に取り上げ、バロックからロマン派までの系譜を辿るソロリサイタルを開催。


    【学術と芸術の融合文化の振興活動】
    2007年11月国立天文台講堂でのソロ・ピアノリサイタル以来、学術研究機関において「学問と芸術の融合文化の振興」活動を開始し、2008年3月一橋大学佐野書院、同年9月慶應義塾創立150年記念藤原洋記念ホール開設記念こけら落としコンサート、2012年3月トッパンホールに於ける日本数学会賞記念リサイタル、7月大学共同利用法人高エネルギー加速器研究機構小林ホールでのソロリサイタル、2013年7月豊橋技術科学大学出版記念シンポジウム・コンサート、2013ー2014年先端科学技術国際会議ピアノソロリサイタル、2014年12月東京大学「音楽と数学の夕べ」ソロリサイタル、2015年5月カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)”An Evening of Art and Science”ソロリサイタル等で演奏。


    【海外に於ける主な活動】
    1996~1998年ホーランドミュージックセッション(オランダ)、シュレスビッヒ(ドイツ)音楽祭に参加、コンサートに出演。98年ドイツのシュレスビッヒ音楽祭のコンサートではフレンズブルグ新聞をはじめドイツの新聞各紙上で絶賛された。
    また、フィレンツェ・ガッターイ宮殿でのリサイタル、アレッツォ「美術館の夜」コンサートシリーズへの出演などイタリア各地での公演をはじめ、パヴェル・ベルマン指揮・リトアニア・カウナス管弦楽団との共演、エストニア・D.オイストラフ・フェスティバルにソリストとして招かれるなど、イタリア、ドイツ、イギリス、オランダ、リトアニア、エストニアなどヨーロッパを中心に活躍。2010年にはチリ・サンティアゴ市にてソロ・リサイタルを行い、20ヶ国の大使をはじめ満場の聴衆のスタンディングオベーションを受け南米初公演を大成功裡に収めたことから再び招聘を受け、2011年、2夜にわたりソロリサイタルとアンドレス・ベジョ管弦楽団との共演、2012年3夜連続ソロリサイタルを開催するなど3年連続訪智公演を行う。また、2012年及び2013年には、カナダ・バンクーバー公演にてスタンディングオベーションで迎えられるなど、北米・南米における聴衆の熱狂的な支持を得て広く演奏活動の場を広げている。


    山岸ルツ子公式サイト:http://www.rutsuko.com/
    山岸ルツ子公式 Facebook Page: https://www.facebook.com/RutsukoYamagishi.Pianist
    <続きを表示する>

    演奏音源一覧(11)

    ピティナYouTubeチャンネルの動画 (11)