ホーム > リスト > パガニーニ大練習曲集 > 第3曲 「ラ・カンパネラ」 嬰ト短調

リスト :パガニーニ大練習曲集 第3曲 「ラ・カンパネラ」 S.141 R.3b 嬰ト短調

Liszt, Franz:Grandes études de Paganini "La campanella" gis-moll

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:5分00秒
Logo keeponmusic ピティナ・課題曲チャレンジ2020:F級

解説 (1)

解説 : 横田 敬 (281文字)

更新日:2020年2月9日
[開く]

この曲集中もっとも有名な第3曲『ラ・カンパネッラ』(嬰ト短調)は、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調の第3楽章を原曲とする。この第3曲に関しては、《大練習曲》の初版である《パガニーニによる超絶技巧練習曲集》の第3曲とは大きな違いがある。初版ではパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調からの素材が目立つのに対し、《大練習曲》では、第1番の素材はまったく見られない。また、調号が初版の変イ短調から嬰ト短調に変化している。初版に比べ、《大練習曲》のほうが高音域を駆使し、同音反復を効果的に使用したよりきらびやかな音楽になっているのも注目すべきところである。

執筆者: 横田 敬