ドビュッシー :子供の領分

Debussy, Claude Achille:Children's corner

作品概要

作曲年:1906年 
出版年:1908年 
初出版社:Durand
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:15分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (367文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

1.グラドゥス・アド・パルナッスム博士 / "Doctor Gradus ad Parnassum"

2.象の子守歌 / "Jimbo's lullaby"

3.人形のセレナード / "Serenade for the doll"

4.雪は踊っている / "The snow is dancing"

5.小さな羊飼い / "The little shepherd"

6.ゴリウォーグのケークウォーク / "Golliwog's cakewalk"

「ゴリウォグのケークウォーク」は、機械仕掛けの人形ゴリウォグが、アメリカの黒人のダンスであるケークウォークに合わせて陽気に踊る様子を描いている。軽快で独特なリズムが印象的な曲だが、中間部はけだるい気分に転じ、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」のメロディーの断片が顔を見せるあたり、とても興味深い。

楽章等 (6)

象の子守歌

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

人形のセレナード

総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

雪は踊っている

総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

小さな羊飼い

総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

ゴリウォーグのケークウォーク

総演奏時間:2分30秒  Toka ステップレベル:発展1

解説(0)

楽譜

楽譜一覧 (68)