ドビュッシー :子供の領分 象の子守歌

Debussy, Claude Achille:Children's corner "Jimbo's lullaby"

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ベルスーズ(子守歌)
総演奏時間:3分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
22402 1

解説 (1)

解説 : 林川 崇 (611文字)

更新日:2019年4月18日
[開く]

象の子守歌

タイトルは通常「象」と訳されるが、原題は固有名詞の「ジャンボJumbo」(ロンドンの動物園に実在した象で「巨大な」の語源にもなった)である。自筆譜ではフランス語で「ジャンボ」と発音する”Jimbo”と誤って綴られ、初版にも引き継がれたが、新全集版では訂正されている。

この曲では、3つの主題が重要な役割をする。

1.冒頭に左手に出てくる主題。doux et un peu gauche(優しく、そして少し不器用に)という指示は、少女が象のぬいぐるみに歌っているイメージからだろう。

2.フランスの古い子守歌”Do do l’enfant do”

この主題は第39小節から始まる中間部に現れる他、第11~14小節に拡大形で先行して現れる。

「象の子守歌」第9~18小節

「象の子守歌」第37~40小節

なお、この子守歌は、偶然にもシュシュの異父姉エレーヌ・バルダックにフォーレが献呈した組曲「ドリー」の第2曲「ミ・ア・ウー」にも引用されている。

フォーレ:「ドリー」Op.56より 第2曲「ミ・ア・ウー」第117~124小節

3.第47小節に右手に現れる主題。

第63小節から始まる再現部では、1.と3.の主題が組み合わされる。

「象の子守歌」第61~64小節

執筆者: 林川 崇