ホーム > ボロディン > 小組曲

ボロディン :小組曲 Op.1

Borodin, Aleksandr Porfir'evich:Petit suite Op.1

作品概要

作曲年:1878年 
出版年:1885年 
初出版社:Bessel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:21分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (1330文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

ボロディンは、グリンカのロシア民族主義の精神を受け継いだ、ロシア国民楽派の「五人組」の一員である。そして、他の4人(バラキレフ、ムソルグスキー、キュイ、リムスキー=コルサコフ)があまり向かい合うことのなかった交響曲の分野に積極的に取り組んだ作曲家である。そのことを冠して、チャイコフスキーとともに、ロシアにおける交響曲の創始者として捉えられることもある。貴族の私生児として生まれたボロディンは、ピアノ、チェロ、フルートに加え、医学と化学も学んでいる。とりわけ、化学の研究のために派遣されたイタリアとスイスにおいて、19世紀ロマン派を代表する作曲家の作品に触れ、徐々に傾倒していったことが、作曲活動にとって1つの転機となったと考えられている。そして、亡くなるまで化学者としての活動と作曲家としての活動を両立させた稀有な音楽家として知られている。

この作品は、晩年の作曲活動の円熟期、1885年に52歳の年で作曲された。同年に、サンクト・ペテルブルクから出版されている。ボロディンの死後、グラズノフ(1865-1936)によりオーケストレーションがなされている(ボロディンの《スケルツォ》も参照のこと)。「少女の愛の小詩」として構想されており、ある種の標題音楽となっている。ボロディンの書簡には、「修道院の円天井の下で 想うのは踊りだけ 踊り手と踊り手とを想う 想うのは踊り手だけ 愛の歌を夢見る 愛されている幸福が子守歌となる 修道院 甘き夢」とプログラムが言及されている。

<修道院にて>。アンダンテ・レリジオーソの4分の4拍子で書かれている。鏡像の構成をとる形で音楽が運ばれる。

<間奏曲 ヘ長調>。テンポ・ディ・ミヌエットと指示されたこの間奏曲は、ボロディンの書簡では「社交界の生活を夢見始める」として言及されている。半音階的な音の動きが多用される。しかし、ウン・ポコ・メーノ・モッソとなる中間部では、音階的な音の動きが優勢となる。

<マズルカ ハ長調>。ハ長調と明記されたこのマズルカでは、しかしながら頻繁に調号が変化する。また、主として、アレグロで書かれているが、途中と終結部分でメーノ・モッソの指示がなされる。

<マズルカ 変ニ長調>。ボロディンの書簡では、「踊りと・・・・・・踊り手のことを夢見る」として言及されている。アッレグレットのこのマズルカでは、メロディーはまず低音で歌われる。そして、曲全体を通して、低音と上声との間をメロディーが行き来する。

<夢>。ボロディンの書簡では、「想うのは踊りのことだけ 新たな感情」として言及されている。そして、アンダンテの4分の4拍子で書かれており、多声的な手法が用いられる。

<セレナード 変ニ長調>。アッレグレットの8分の6拍子で書かれている。響きが低音域に集められた導入部で開始し、その後、高音域も扱われる。しかし、導入部とまったく同じ音楽により曲を閉じる。

<ノクターン 変ト長調>。ボロディンの書簡では、「愛されている夢が子守歌となる」として言及されている。そして、アンダンティーノの4分の4拍子で書かれており、曲全体を通して、隣り合う2つの8分音符に短いスラーをかけたアーティキュレーションが特徴となっている。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (7)

修道院にて Op.1-1

総演奏時間:4分50秒 

解説(0)

楽譜(0)

間奏曲 Op.1-2

総演奏時間:3分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

マズルカ Op.1-3

調:ハ長調  総演奏時間:2分50秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

マズルカ Op.1-4

調:変ニ長調  総演奏時間:3分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

夢想 Op.1-5

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

セレナード Op.1-6

総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

夜想曲 Op.1-7

総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)