ホーム > ピアノ曲事典 > シューベルト > ピアノ・ソナタ 第6番 ホ短調

シューベルト :ピアノ・ソナタ 第6番 D 566 ホ短調

Schubert, Franz:Sonate für Klavier Nr.6 e-moll D 566

作品概要

作曲年:1817年 
出版年:1888年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:19分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (280文字)

更新日:2007年7月1日
[開く]

ピアノ・ソナタ多作の年、1817年6月の作品である。全3楽章であるが、モデラート、アレグレット、スケルツォに続く第4楽章の存在が示唆される。この作品の場合には、ほぼ同時期に生まれたロンドD 506が終楽章の位置に収まるものと考えられている。調性がホ短調とホ長調で結びつく上、このロンドの筆写譜に「フランツ・シューベルトのソナタ」と記されているのが根拠となっている。

第6番は初期作品とはいえ、シューベルトが作曲家として独立しようと決意した時期であり、すでに習作の域を超えているといえよう。ロマン的な雰囲気をもち、特に第2楽章のやわらかい響きが魅力的な作品である。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (3)

第1楽章 D 566

総演奏時間:7分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章 D 566

総演奏時間:5分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章 D 566

総演奏時間:6分40秒 

解説(0)

楽譜(0)