ホーム > 田中 修一

田中 修一 1966 Tanaka, Shuichi

871
  • プロフィール (704文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • 1966年神奈川県に生まれる。

    伊福部昭、寺原伸夫の両氏に作曲を師事。少年期よりギター、リュートに親しむ。

    二十五絃箏、絃楽器を中心に作品多数。

    十四歳の時、演奏会に於て、伊福部昭の「シ ンフォニア・タプカーラ」を聴 き、衝撃を受けて作曲を志す。独学ののち二十歳の頃より、伊福部昭、 寺原伸夫の両氏に師事。1990年より作品が演奏 される。1991年に二十絃箏曲「惜別」 が、木村玲子氏により初演。ギターの為の「BALLADE」が第33回(1992年度) 武井賞入選。

    1994年に初演された二面、二十五絃箏の「綺曲」(野坂惠子、滝田美智子の両氏 による演奏)が NHK-FMにて翌年放送。'94、'95の両年、都民ホールで催 された「平和と愛と」コンサートにて、合唱頌歌 「老漁夫の詩」が演奏される。

    1996年、「エグログ」がG・フェイギン(Vn.)、 E・アシュケナージ(Pf.)によ り再演。1997年 に二十五絃箏と室内オーケストラのための 「CAPRICE」が、セルジュ・コミッショーナの指揮に より世界初演される。

    また、1999年には伊福部昭の「日本組曲」 箏五部合奏編作初演。管絃賀壽 「松」を自らの指揮により初演。同年より2001年にかけて東京尺八合奏団の委嘱三部作を作曲。2005年9月に陸上自衛隊中央音楽隊により「フェスティヴ・ ロンド No.2」が初演。2007年より、詩と音楽の会「トロッタの会」に参加、伊福部昭に捧げる歌曲 「立つ鳥は」が初演される。フルートアンサンブル の委嘱作品等、多彩な作曲を続けるなか、邦楽作品等が盛んに再演されている。

    日本作曲家協議会会員、日本音楽著作権協会会員。

    <続きを表示する>

    作品(30)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    村娘 村娘

    作曲年:1992 

    動画(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (3)

    曲集・小品集 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (14)

    エグログ エグログ

    作曲年:1991 

    動画(0)

    楽譜(0)

    砂の町 砂の町

    作曲年:2008 

    動画(0)

    楽譜(0)

    雨の午後 雨の午後

    作曲年:2009 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    舞踊曲 ディア・ダンサー 舞踊曲 ディア・ダンサー

    作曲年:2012  総演奏時間:10分30秒 

    楽譜(0)

    室内楽 (6)

    こころ こころ

    作曲年:1993 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    エグログ エグログ

    作曲年:1998 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    立つ鳥は 立つ鳥は

    作曲年:2007  総演奏時間:10分00秒 

    楽譜(0)

    遺傳 遺傳

    作曲年:2007 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    その他 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (4)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    「胡舞」 「胡舞」

    作曲年:2016  総演奏時間:7分40秒 

    楽譜(0)

    舞踊曲「幽靈」 舞踊曲「幽靈」

    作曲年:2017  総演奏時間:16分30秒 

    楽譜(0)