ホーム > ピアノ曲事典 > グラナドス

グラナドス 1867-1916 Granados, Enrique

68

解説:和田 真由子 ( 343文字 )

更新日:2007年11月1日

1867年、スペインのカタルニアに生まれる。プホーフにピアノ、ペドレルに作曲を師事。1887年~1889年にかけてパリに留学し、帰国したのち、優れたピアニストとしても活躍した。

グラナドスは、アルベニスと並び、スペインの国民的作曲家として名高い。民族色の強いアルベニスの音楽と比較すると、グラナドスの音楽はその民族性に加えて、ロマン的な性格が強い。その甘美さ、繊細さにおいて、シューマンや、ショパンとも通じるところがあるだろう。一方で、印象派的な傾向など、ドビュッシーからの影響もみられる。

グラナドスは、スペインの中でも、北方の民謡を中心的に扱っており、洗練された書法が特徴である。「スペインのグリーグ」とも呼ばれた。

1916年、第一次世界大戦の犠牲になり、英仏海峡にて行方不明となった。

執筆者: 和田 真由子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(4)

曲集・小品集(12)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

楽譜(0)

ピアノ合奏曲(2)

曲集・小品集(1)

解説(0)

楽譜(0)

行進曲(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)