ホーム > グラナドス > スペイン奇想曲 ト短調

グラナドス :スペイン奇想曲 Op.39 ト短調

Granados, Enrique:Capricho espanol g-moll Op.39

作品概要

作曲年:1890年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:カプリス
総演奏時間:5分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (229文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

ト短調―ト長調。4分の3拍子、アレグレット。演奏時間は約7分

1890年に作曲された。冒頭で、ト短調の唄が故郷をなつかしむようにしっとりと歌われる。しかしすぐにト長調の明るい主題が顔をだす。はずむような左手にのせて穏やかに歌われていた音楽は、急に高まりをみせたかと思えば、再び穏やかな調子をとりもどす。それらが何度か繰り返されながら、曲は気まぐれに展開していく。メノ・モッソで歌われるロマンティックな旋律は、スペイン的な節回しを自由にきかせながら、表情豊かに。

執筆者: 和田 真由子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。