ホーム > 松平 頼則

松平 頼則 1907-2001 Matsudaira, Yoritsune

title
  • 解説:平野 貴俊 (576文字)

  • 更新日:2018年4月20日
  • 東京出身の作曲家(1907~2001)。子爵であった父・松平頼孝は著名な蝶の収集家。1923 年慶應義塾大学仏文科に入学するが、バッハからストラヴィンスキーまでを横断的に採りあげたアンリ・ジル= マルシェックスのピアノ・リサイタルに接し、作曲家の道を志す。シャルル・ラウトルップにピアノを、ハインリヒ・ヴェルクマイスターと小松耕輔に一時作曲を師事。1930 年、箕作秋吉らとともに新興作曲家連盟設立。1931 年から1934 年にかけてピアノ独奏会を開き、フランスの作曲家の作品を中心に披露。1932 年のアレクサンドル・タンスマンの来日を機に新古典主義に開眼、1934、35 年に来日したアレクサンドル・チェレプニンに高く評価され、国外の音楽界との接点を得た。1946年、清瀬保二らとともに新作曲派協会設立。12音技法に雅楽の要素を組み合わせた《ピアノと管弦楽のための主題と変奏》(1951)で国際現代音楽祭(ISCM)に入選し、その後も《フィギュール・ソノール》(1956)、偶然性を採りいれた《室内オーケストラのための舞楽》(1961)および《二群のオーケストラのための循環する楽章》(1971)などで計15 回入選。1956~60年日本現代音楽協会(JSCM)委員長、1972 年紫綬褒章、1979 年勲四等旭日章受章、1996 年文化功労者。

    執筆者: 平野 貴俊
    <続きを表示する>

    解説 : 須藤 英子 (440文字)

    更新日:2007年1月1日
    [開く]

    About composer : 平野 貴俊 (1841文字)

    更新日:2018年4月20日
    [開く]

    作品(34)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (2)

    協奏曲 (2)

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    ピアノ独奏曲 (9)

    ソナタ (1)

    ソナタ ソナタ

    作曲年:1949 

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    ソナチネ (1)

    ソナチネ ソナチネ

    作曲年:1948 

    動画0

    楽譜0

    編曲0

    曲集・小品集 (3)

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    前奏曲 (5)

    動画0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    楽譜0

    編曲0

    前奏曲 前奏曲

    作曲年:1975 

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    種々の作品 (8)

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    動画0

    解説0

    楽譜0

    編曲0

    ピアノ合奏曲 (2)

    即興曲 (1)

    種々の作品 (1)